ユグドラサス

※2020年12月時点、当社調べ。

クラウドファンディングで2,500万円超の支援を受け、
ボードゲーム国内支援額で歴代最高を記録した(※)
「Kaiju on the Earth」シリーズ第3弾!!

プレイ人数:2~4人 プレイ時間:1日(慣れたら人数×60分~) 対象年齢:12歳以上

ゲームデザイン:林尚志(OKAZU brand)
ディレクション:渡辺範明(ドロッセルマイヤーズ)
グラフィック:宇佐美詠子
イラスト:開田裕治、中村豪志、松本智明
怪獣デザイン :松本智明
怪獣デザイン原案:中北晃二
フィギュア原型制作・監修:竹内大治(ジャイアントホビー)
ダイスタワー設計:たきざわまさかず(こぐま工房)

ご購入はコチラから!

人類 vs. 世界樹

驚くべき繁殖力で全世界を埋め尽くした、
超巨大ネットワーク植物怪獣「ユグドラサス」。

地下茎を通じて増殖し、人類を襲い、文明を破壊する肉食植物……。
多くの地域でパニックが発生し、社会も経済も崩壊していくなか、
国連は超国家的掃討作戦「オペレーション・ラグナレク」を発動。
各国に残された生産力と軍事力を再編成し、地球のどこかに潜むはずの
ユグドラサス「本体」の発見と根絶が人類共通の目的となった。

この未曾有の危機を自国利益へと誘導すべく大国の思惑が絡み合うなか、
これまで幾度の怪獣災害を乗り越えてきた極東の島国、日本も選択を迫られる……!


連作ボードゲームプロジェクト『Kaiju on the Earth』シリーズ第3弾は、
プレイヤー2~4人が国家元首となって植物怪獣と戦うカイジュウ・ワールド・ウォーゲーム。

世界中に自国の軍隊を派遣し、各地のミッションを解決して資源を集め、
それらを使って施設建設や軍事力拡大を行う、拡大再生産&戦略的要素が満載!

地球をヒトの手に取り戻し、
アフター・ユグドラサス世界の覇権を握るのはどの国か!?

どんなゲーム?

『ユグドラサス』は、世界を覆いつくす巨大な自然災害=植物怪獣「ユグドラサス」に対抗する
各国家元首の立場が体験できる、カイジュウ・ワールド・ウォーゲームです。

ユグドラサスは地球全土に張り巡らせた地下茎ネットワークを通じて増殖し、人類を襲い、文明を破壊してきます。
それに対するプレイヤーたちは各国家のリーダーとなって、表面上はユグドラサス駆除の協力関係を装いつつも、実際には災害終息後の覇権を狙って競い合う関係にあります。

世界中に自国の軍隊を派遣し、各地のミッションを解決して資源を集め、それらを使って施設建設や軍事力拡大を行いましょう。そうして蓄えた国力をもって怪獣本体への攻撃や難民の受け入れを行うことでVP(Victory Point/勝利点)を稼ぐことができます。

果たしてアフター・ユグドラサス時代の覇権を握るのは、どの国家でしょうか?

ゲームの流れ

※動画内で用いているのは制作中のサンプルで、最終的な商品とは細部が異なります。

オススメポイント

プレイ時間=1日の極上体験。超本格ヘビーゲーム!

『Kaiju on the Earth』シリーズ最大の体験。『ユグドラサス』は、シリーズ前2作の『ボルカルス』『レヴィアス』よりも遥かに広大な、地球全てを戦いの舞台とします。会議用の長机2つが埋まるほどの圧倒的な内容物から、無限の戦略が繰り広げられます。

初めて遊ぶときには、未曾有の世界危機に対して立ち向かう国家首脳よろしく、豊富「すぎる」選択肢を前にして、大いに悩み考えることになるでしょう(慣れると「人数×1時間」程度になります)。

あなたの目的は国家の指導者として、怪獣災害が過ぎ去った後の国際政治で覇権を握ること。その手段は「難民を受け入れ保護する」「国際公約を掲げて達成する」「世界各地の被害を食い止める」など多岐に渡ります。「怪獣を倒す」ことでさえ、いち手段に過ぎないのです。

世界の「OKAZU brand」林尚志によるゲームデザイン!

ゲームデザインは、『横濱紳商伝』『トレインズ』『ひも電』などで知られる「OKAZU brand」林尚志氏。

氏は世界最大のボードゲーム情報サイト「Board Game Geek」にてランキング日本人最高位を記録したこともあり、とりわけ重量級ゲーム(90分以上かかる複雑なゲーム)には、世界中に熱狂的なファンがいます。

そんな林氏が手掛けた『ユグドラサス』。広大で綿密に組まれた戦略性は、コアなゲーマーも大満足のボリュームです。

圧倒的臨場感、怪獣ダイスタワー!

ボードゲーム作家でありペーパーアーティストでもある、業界随一の「ボードゲーム紙職人」たきざわまさかず氏が設計を手掛けた、ユグドラサス型ダイスタワーは圧巻の一言です。

ゲーム中は常にテーブル上で存在感を放ち、怪獣に攻撃するときは実際にこの中にダイスを振り入れて攻撃判定に一喜一憂するなど、大きな臨場感を演出します。

またダイス置き場を背中に備え、ゲーム後は収納形態に変形して箱に収納可能という利便性も兼ね備えています。

内容物

《ボード》
●マップ1枚 ●世界情勢1枚 ●VP1枚 ●国家経済4枚 ●国家育成5枚(EU、ロシア、アメリカ、中国、日本)

《カード》
★ミッション75枚 ★作戦51枚 ★国際公約55枚 ★怪獣地点23枚 ◆怪獣5枚

《紙製チップ、タイル》
●資金チップ67枚 ●物資チップ67枚 ●秘密兵器チップ40枚 ●Y細胞チップ30枚 ●防衛システムチップ20枚 ●アクションタイル36枚(9枚×4人分) ●拡張アクションタイル21枚 ●基本施設タイル56枚(14枚×4人分) ●特殊施設タイル20枚 ●シーズンタイル1枚 ●100VPタイル4枚(1枚×4人分)

《木製、プラスチック製パーツ》
●矢印タイル20個(5個×4人分) ●国家ディスク8個(2個×4人分) ●国家キューブ148個(37個×4人分) ●怪獣ディスク1個 ●怪獣攻撃キューブ10個

《ダイス》
●部隊ダイス12個 ●秘密兵器ダイス6個

《フィギュア》
●ユグドラサス中枢体・蕾1個 ●ユグドラサス中枢体・開花1個 ●ユグドラサス本体1個 ●陸軍8個(2個×4人分) ●海軍8個(2個×4人分) ●空軍8個(2個×4人分) ●難民80個

《ダイスタワー》
●ユグドラサス本体型ダイスタワー1個(組んだ状態で箱に収納できます)

《説明書》
●サマリーシート4枚 ●説明書1冊 ●ダイスタワー組み立て説明書1冊

《過去作用PRカード》
▲「滅亡へのカウントダウン(ボルカルス用)」1枚 ▲「ユグドラサス発芽(レヴィアス用)」1枚

[カードサイズ:★63×22mm ◆148×105mm(A6サイズ) ▲63×88mm]
[箱サイズ:W220 × D310 × H130 mm]

『ユグドラサス』商品概要

価格:¥16,280(消費税10%込)
発売元:株式会社アークライト
発売日:2021年9月16日(木)

※価格変更のお知らせ
変更後販売価格:¥16,280(消費税10%込/本体価格:¥14,800)
当初、予定価格:¥14,080(消費税10%込/本体予価:¥12,800)で告知させていただいておりましたが、コロナ禍における輸送費や紙などの原材料費の世界的な高騰による製造コストの大幅な増大に伴い、販売価格を変更させていただきました。

関連リンク

OKAZU brand
ドロッセルマイヤーズ
ドロッセルマイヤーズTwitter
ドロッセルマイヤーズnote
ジャイアントホビー

『ユグドラサス』ダイスタワーの組み立て方
※ダイスタワーを実際に組み立てる際に参考にできる動画です。

【世界最速入手】怪獣災害戦略ボードゲーム第3弾『ユグドラサス』【特典付き】
※上記クラウドファンディングは終了しております。

Twitterの声


ツイートは後日拡充予定!

【2021年9月16日発売】

関連商品

  1. フォート 完全日本語版

    価格:¥4,400(消費税10%込) プレイ人数:2~4人 プレイ時間:20~40分 対象年齢: 10歳以上

  2. リトルタウンビルダーズ

    価格:¥3,850(消費税10%込) プレイ人数:2~4人 プレイ時間:30分 対象年齢:8歳以上

  3. クィーンズ~ハチなるか、ハチならざるか、それが問題だ~ 完全日本語版

    価格:¥4,950(消費税10%込) プレイ人数:2~4人 プレイ時間:30分 対象年齢:8歳以上

  4. サイズ – 大鎌戦役 – 拡張 フェンリス襲来 完全日本語版

    価格:¥6,930(消費税10%込) プレイ人数:1〜7人 プレイ時間:115分 対象年齢:14歳以上

  5. ボルカルス

    価格:¥5,478(消費税10%込) プレイ人数:2~4人 プレイ時間:60~80分 対象年齢:10歳以上

  6. ゾンビサイド グリーン・ホード 完全日本語版

    価格:¥13,200(消費税10%込) プレイ人数:1~6人 プレイ時間:60分 対象年齢:14歳以上

ページ上部へ戻る