ito レインボー

ご購入はコチラから!

 

価値観のズレが面白い!
これ一箱で遊べる大人気会話ゲーム第2弾!

数字を言葉で「たとえる」だけで、こんなにも盛り上がる!
メディア紹介多数、累計発行部数10万部超(※)の『ito』に、新たな”“が誕生!!
※2022年8月現在

プレイ人数:2~14人 プレイ時間:5~15分 対象年齢:8~99歳

ゲームデザイン・イラスト:326(ナカムラミツル)
グラフィック:嶋田美咲(アークライト)
リードデベロップ:橋本淳志(アークライト)
編集:後藤翔、野澤邦仁(アークライト)

どんなゲーム?

『ito レインボー』は、自分の手札の数字をお題に沿った言葉で「たとえ」て、小さい順に並べる協力ゲームです。
ただし、数字を直接言うのはNG! みんなの「たとえ」を比べる会話が重要です。価値観のズレを楽しみながら、相手の”意図”をうまく汲みとれるでしょうか!? もどかしさも面白いパーティーゲームです。

『ito レインボー』は、一箱で2種類のモードが遊べます。
『クモノイト2.0』は、本作の基本となる遊び方で、全員が仲間の協力ゲームです。
『ニジノイト』は、『クモノイト2.0』をもとにした、2チームに分かれて競う対戦&協力ゲームです。

基本モード『クモノイト2.0』ルールの遊び方

全員が仲間の協力ゲームです。数字カードを小さい順に正しく並べて出せれば成功です。

ゲームの準備


①自分の色のクリスタルを3個受け取る
②数字カードを1~100まで全部よくまぜて山札にする
③山札から1枚ずつ引いて手札にする
④お題カードを20枚全部まぜる
⑤お題フレームを置く
⑥ゼロタイルを中央に置いてカードを出すスペースを確保したらゲーム開始!

ゲームの流れ

①お題カードの山札から1枚引き、全員がうまく話せそうなお題を相談して1つ選びます。

②自分の手札の数字を、お題に沿った言葉で「たとえ」ます。このとき、カードの数字そのものを言ったり、カードを見せたりしてはいけません
数字カードは1~100まで1枚ずつあります。ゼロタイルのすぐ右隣を「1」、遠くを「100」と考え、左から右へ小さい順になるようにウラ向きのまま並べていきます。

並べた数字カードには、自分のクリスタルを置いてください。手元に残っているクリスタルの色が、カードを出した人の目印になります。並べた数字カードは、順番を入れ替えてもOKです。「たとえ直し」も何度でもできます。

 

③小さい順に並べられたと思ったら、全員が「完成」を宣言します。以後、順番は変えられません。

④ゼロタイルに近いほうから1枚ずつ、数字カードをオモテ向きにしていきます。全てのカードが小さい順に並んでいたら、成功です!

1枚でも間違っていたら、全員の失敗です。お題を変えるなどして、何度も挑戦してみましょう。
慣れてきたら、手札の枚数を増やしていく「レベルアップチャレンジ」で何回連続成功できるか挑戦するのも面白いでしょう。

対戦&協力モード『ニジノイト』ルール

『ニジノイト』は、『クモノイト2.0』を同時に2チームが行うルールで、基本の流れは『クモノイト2.0』と同じです。

数字カードを相手チームよりもミスを少なく並べられたら勝利です。

『クモノイト2.0』ルールとの違い

・2チームに分かれて行います。それぞれが同じお題で、『クモノイト2.0』を同時に行います。
・砂時計を使います。先に数字カードを並べ終えたチームは、砂時計をひっくり返し、相手チームに「残り1分!」と制限時間を宣告します。相手チームは、この砂時計の砂が落ちきるまでの1分間で数字カードを並べ終えなければなりません。

両チームが数字カードを並べ終わったら、先に並べ終えたチームから、数字カードを1枚ずつオモテ向きにしていきます。
数字が小さい順になっていなかったら1アウトです。アウトになったカードをズラしてわかるようにし、次のカードをオモテ向きにしていってください。比べるのは常に「アウトでない現状最大の数字と」です。

また、「55→56」など連続した数字カードが隣同士でオモテ向きになったときは、自分のチームのアウトを1回ぶん打ち消すことができます!

アウトの回数から連番ボーナスぶんを打ち消して、最終的なアウトの回数が少ないチームの勝利です!

オススメポイント

会話が簡単に盛り上がる、『ito』のシステム

自分の数字をお題に「たとえ」るだけで遊べる、誰でも、誰とでも遊べる簡単なルール。しかし自分と相手の価値観は違うもの。伝わりそうなのに伝わらないもどかしさと、ふと伝わったときの気持ちよさが混ざりあって、話がどんどん盛り上がる面白さは、『ito』の魅力として多くの人に愛されています。最後にカードをめくるときのドキドキは、何度遊んでも格別です。

見て楽しく、遊びやすくなった基本モード

基本となる遊び方、『クモノイト2.0』ルールは、前作『ito』の『クモノイト』ルールを、世の中の楽しまれ方を踏まえてブラッシュアップしたもの! 見た目もキレイなクリスタルや、小さく持ちやすくなった数字カードが、ゲームをかわいく楽しく彩ります。

大人数対応、ハラハラが止まらない対戦&協力モード

新しく対戦要素がプラスされた『ニジノイト』では、これまでの『ito』にはないドキドキ感が楽しめます。砂時計をめぐるかけひきが、「早く並べて相手を焦らせるか? じっくりミスなく並べるか?」といった選択を生み、短い時間で熱狂をもたらします。最大14人までプレイ可能という、『人狼』などの大人数ゲームを遊んだメンバーが丸ごと遊べてしまうほどの対応力も魅力です。

お題一新! 「なりきり系」や「価値観むき出し系」の魅力

前作『ito』から、お題を全て一新しました! 「朝ごはんに食べたいもの」など誰でも遊べる共感しやすいお題から、「猫になって考えよう 心地のいい場所」のようななりきり系のお題、そして「幸せを感じること」のような、その人の人生観がにじみ出るようなお題まで、幅広くたっぷり120個を取り揃え、何度も何度も楽しめます。

商品情報

価格:¥2,200(消費税10%込)
発売元:株式会社アークライト
箱サイズ:96×136×29mm

※本商品は『ito』の独立型拡張セットです。本商品単体でもプレイ可能です。

内容物

・数字カード 100枚(カードサイズ:44×63mm)
・ゼロタイル 2枚
・お題カード 20枚(カードサイズ:63×88mm)
・お題フレーム 1枚
・クリスタル 28個(7色×4個)
・砂時計(1分) 1個
・誓いカード 1枚(カードサイズ:63×88mm)
・説明書 1枚

関連リンク

ナカムラミツル(@nakamura326) / Twitter
『ito』お題募集キャンペーン!

© 2022 326 / Arclight, Inc.

【2022年12月15日発売予定】

関連商品

  1. プラネット・メーカー 完全日本語版

    価格:¥4,840(消費税10%込) プレイ人数:2〜4人 プレイ時間:30分 対象年齢:8歳以上

  2. ロナエナ ―厄災のギフト

    価格:¥2,200(消費税10%込) プレイ人数:5人 プレイ時間:60分 対象年齢:15歳から

  3. アンサンブル 完全日本語版

    価格:¥3,080(消費税10%込) プレイ人数:2~10人 プレイ時間:15~30分 対象年齢:14歳以上

  4. 水面下の殺意 完全日本語版

    プレイ人数:8人+GM1人 プレイ時間:180分 対象年齢:15歳以上

  5. コンタクト! 完全日本語版

    価格:¥1,980(消費税10%込) プレイ人数:2~5人 プレイ時間:20分 対象年齢:8歳以上

  6. テラフォーミング・マーズ 完全日本語版

    価格:¥7,700(消費税10%込) プレイ人数:1〜5人 プレイ時間:90~120分 対象年齢:12歳以上

ページ上部へ戻る