モンスターイーター ~ダンジョン飯 ボードゲーム~

それぞれの目的を胸に
狂乱の魔術師の迷宮へ挑め!
モンスターを食材にしても!?

探索カードを使って迷宮を進もう。有利に進行している相手がいれば、モンスターカードを送り込め!
でも、ちょっと待った。そのモンスター、調理するといい食材になるかも!?

プレイ人数:2~5人 プレイ時間:45分 対象年齢:10歳以上

本作は、30年以上愛され続けている鈴木銀一郎氏の傑作カードゲーム『モンスターメーカー』のゲームシステムをベースに、九井諒子氏の傑作コミック『ダンジョン飯』の世界を楽しめるよう、『ラブレター』で世界から称賛されたカナイセイジ氏が作り上げたゲームとなります。

原作・イラスト:九井諒子
ゲーム原案:鈴木銀一郎
ゲームデザイン:カナイセイジ
イラスト着彩協力:DucQrews(江戸樹、冬城あおい、月要、いとうゆい)
グラフィックデザイン:出嶋勉(decoctdesign)
編集:刈谷圭司、橋本淳志、野澤邦仁(株式会社アークライト)

どんなゲーム?

『モンスターイーター』は各プレイヤーが自分の冒険者パーティを操り、「狂乱の魔術師」が統治する迷宮を踏破し、勝利点を競う対戦ゲームです。冒険者パーティの能力を駆使して迷宮を進み、順調に進んでいる対戦相手にはモンスターを送り込みましょう。
ただ本作の大きな特徴に、「倒したモンスターを調理できる」という要素があります(そして食料の調達は非常にシビアです!)。モンスターには、「弱いけど調理した際にお得」なものや、「強いけど調理できない」ものなど、さまざまな種類が存在します。モンスターによっては、むしろ自分の迷宮に登場させるという選択もあり得るでしょう。

ゲームには多くのモンスターのほか、迷宮の不思議な効果やアイテムが冒険を彩り、原作の『ダンジョン飯』を読んでいる人なら思わずニヤリとしてしまうことでしょう。もちろん原作を未読の方も、問題なくゲームを楽しむことができます。ただしゲームが楽しかったという方は、ぜひ原作を読んでみることをお勧めします!

ゲームの準備

各プレイヤーは、自分が担当するパーティをそれぞれ1つ選びます。パーティは「ライオスパーティ」「カブルーパーティ」「シュローパーティ」「タンスパーティ」「カナリア隊」の5つです。それぞれ選んだパーティに所属しているキャラクターを手元に並べて置きます。

その他をセッティングし、最初に手番を行うプレイヤーを決めたらゲームスタート!

ゲームの流れ

手番のプレイヤーは、戦闘⇒探索⇒遭遇⇒休息(もしくは調達⇒遭遇⇒休息)の順にアクションを行い、それが終わったら手番は左隣のプレイヤーに移ります。これをゲームが終了するまで繰り返します。

戦闘

このアクションは、既にモンスターと遭遇している場合にのみ行います。

手番プレイヤーは自分のパーティから戦闘に参加するキャラクターカードを好きな枚数選び、それらすべてを消耗状態にします。それらのキャラクターの「戦闘力」の合計が遭遇しているモンスターの戦闘力以上なら、この戦闘はプレイヤーの勝利です。
多くの場合キャラクターの戦闘力は「1D+3」といった形で振れ幅があり、ダイスによって決定します。またキャラクターは、魔力を消費することで魔法を使うこともできます。魔法は非常に強力ですが、魔力は非常に貴重なので、使いどころが肝心です。

モンスターとの戦闘に勝利したなら、すぐに調理を行います。調理ではダイスを2個振り、出目を合計します。モンスターカードの右下に調理難易度が書かれており、出目の合計が調理難易度以上なら調理は成功です。調理が成功したなら、モンスターカードをウラ返し、食糧などの調理報酬を受け取ります。

探索

手番プレイヤーは、手札の探索カードを使用して迷宮を探索します。1回の探索に使用できる探索カードは1枚だけです。

自分の迷宮の探索カードの「踏破(数字)」の合計が100(%)以上になったなら、ボスモンスターとの遭遇が発生します。

遭遇

手番プレイヤーは、手札のモンスター遭遇カードを使用して、モンスター山札の一番上のモンスターを、好きなプレイヤーの迷宮にモンスターを配置します。ただし、既にモンスターと遭遇しているプレイヤーの迷宮には配置できません。

休息

手番プレイヤーは、所持している食糧を好きなだけ消費して、消耗状態のキャラクターカードを回復することができます。その後、手札が5枚になるように山札からカードを引きます。

調達

食糧トークンを2個獲得します。また不要な手札を、好きな枚数捨て札にすることができます。
調達のアクションを選ぶと戦闘や探索ができませんが、急がば回れという言葉もあるように、状況によっては調達を選ぶ必要があるでしょう。

ゲームの終了

いずれかのプレイヤーが「狂乱の魔術師シスル」を倒した場合、ゲームは即座に終了します。
各プレイヤーは、それまでの冒険で獲得した勝利点を合計します。

・アイテム/モンスター(調理成功)/ボスモンスターの勝利点
・貨幣トークン3枚につき1勝利点(端数は切り捨て)
・ペナルティとして、深部の「踏破」が100%に満たない10%につきマイナス1勝利点
(ゲーム終了時に浅部にいるプレイヤーは、一律マイナス10勝利点)

勝利点の合計の多い順に、順位がつきます。もっとも多く勝利点を得たプレイヤーが、迷宮を制覇した者としてこのゲームの勝者となります!

オススメポイント

大人気コミック×名作ゲーム×著名ゲームデザイナー

30年以上愛され続けている『モンスターメーカー』を、大人気コミック『ダンジョン飯』をモチーフにして、日本を代表するゲームデザイナーであるカナイセイジ氏がリメイク! もうこの段階でお腹いっぱい胸いっぱい。その芳醇な成果物を、ぜひ心ゆくまで味わってください!

こだわりの『ダンジョン飯』再現度!

カナイセイジ氏は原作が存在するゲームを作る際、その原作のファンに喜んでいただけるよう、非常に丁寧に原作の要素を拾うことで知られています。もちろん原作を知らなくてもゲームを楽しむことはできますが、原作を知っていればいるほど、「この要素も拾っているのか!」といった発見があって、より深く楽しめるはずです。
また冒険者パーティのドラフトルール(選択ルール)は、原作を知っていればいるほどifの妄想がはかどることでしょう!

名作『モンスターメーカー』との違いを楽しもう!

本作は『モンスターメーカー』をベースとしながら、「モンスターの調理」「食糧による回復」など独自の味わいが楽しめます。『モンスターメーカー』をやり込んだ方は、その独立型拡張ゲームという趣でゲームを楽しむことができるでしょう。

では『モンスターメーカー』も『ダンジョン飯』も知らない人は、『モンスターイーター』を楽しめないの?
もちろんそんなことはありません! 「ダンジョンを踏破してモンスターを倒し、財宝を得るゲーム」として、普通に楽しい時間を過ごしていただけます。むしろそれらを知らない人の方が幸せかもしれません。これから『モンスターメーカー』や『ダンジョン飯』を楽しむことができるのですから!

商品情報

価格:¥4,950(消費税10%込)
発売元:株式会社アークライト

内容物

・探索カード:125枚
迷宮カード:70枚
モンスター遭遇カード:30枚
特殊カード:15枚
イベントカード:10枚
・キャラクターカード:28枚
・モンスターカード:32枚
・アイテムカード:20枚
・ゲーム進行カード:5枚
・上層/下層タイル:5枚
・食料/貨幣トークン:50個
・魔力トークン:30個
・剣トークン:1個
・ダイス:6個
・遊び方説明書:1冊
※カードのサイズはすべて63mm×88mm

【2022年9月15日発売】

発売記念企画


『モンスターイーター ~ダンジョン飯 ボードゲーム~』の発売を記念して、2大キャンペーンを実施! リプレイが読める他、ゲームで使えるプロモーションカードがダウンロードできます。
詳しくはコチラから!

関連商品

  1. ペンデュラム~振り子の帝国~ 完全日本語版

    価格:¥7,920(消費税10%込) プレイ人数:1~5人 プレイ時間:60~90分 対象年齢:12歳以上

  2. ユグドラサス

    価格:¥16,280(消費税10%込) プレイ人数:2~4人 プレイ時間:1日(慣れたら人数×60分~) 対象年齢:12歳以上

  3. マイ・リトル・サイズ 完全日本語版

    価格:¥7,480(消費税10%込) プレイ人数:1〜6人 プレイ時間:45分 対象年齢:8歳以上

  4. 世界でイチバンの国 2021年版 完全日本語版

    価格:¥1,980(消費税10%込) プレイ人数:2~5人 プレイ時間:30~40分 対象年齢:8歳以上

  5. シュッテルス 完全日本語版

    価格:¥4,180(消費税10%込) プレイ人数:2〜6人 プレイ時間:30分 対象年齢:8歳以上

  6. ゴミ箱パンダ 完全日本語版

    価格:¥2,420(消費税10%込) プレイ人数:2〜4人 プレイ時間:20分 対象年齢:8歳以上

ページ上部へ戻る