純白の悪意Rebooted 完全日本語版

▼テーマ
昭和35年の福島。とある老人の死によって展開される愛憎劇

▼プレイヤーの立場
交通事故で入院した老人の、家族や病院関係者、事故の関係者

▼プレイ目的
老人の突然な死の真相を突き止め、他のプレイヤーの秘密を見つけ出す。

▼ゲームシステム
・店舗公演型マーダーミステリー。
・GMひとりが進行役になり、会話と、行動力トークンを消費して獲得する手がかりカードで、犯人を捜していく。逆に犯人は、当てられないようにする。
・それ以外にも各キャラクターは秘密をかかえている。他人の秘密を究明すると、自分の得点になる。最終的には得点で競う。

▼ポイント
・簡単なインストラクションで、誰でもGMができる。
・日本が舞台で、ホームドラマ的な人間関係で築く感動的なストーリー。
・日本でマーダーミステリーの火種役を担った作品、続編もこれからリリース予定。
・ゲームシステムと物語性の絶妙なコラボで定評のあるディアシュピールのかんちょーこと“かわぐちまさし”による演出。
・今までマダミス界隈で知られている旧版『純白の悪意』からキャラ性のない探偵を抜いて、新キャラを追加し、ストーリーと推理全体をリファインした。
・マーダーミステリーの入口として適切な作品。初心者も熟練者も楽しめるストーリーと推理。
・きっちり仕上げられたキャラクターで、感情移入とロールプレイがしやすい。
・一生に一度しかない体験。
・単純な勝敗だけでなく、プレイヤー全員が主人公となって、リアルタイムなドラマを経験する。
・店舗型で展開することにより、コロナで疲弊した日本全国の店舗に、お客を呼び戻すことができる。

▼プレイ環境
プレイ人数:8人+GM1人
プレイ時間:180分
対象年齢:15歳以上
難易度:★★☆☆☆

▼作品情報
オリジナル版メーカー:Yoka Games
ゲームデザイナー:醉寒江、宁羽成、月半居士+かわぐちまさし
タイトル原題:純白的悪意

▼内容物一覧
ゲームマスター・ガイドブック:1冊
人物紹介:8冊
手がかりカード:47枚
秘密カード:8枚
手紙:2枚
封筒:2枚
解答用紙:8枚
名札:8つ
APトークン:50個
調査可能場所シート:1枚
登場人物一覧/ストーリー背景:1枚

関連商品

  1. ウイングスパン 完全日本語版

    プレイ人数:1~5人 プレイ時間:40~70分 対象年齢:10歳以上 難易度:★★★☆☆ 価格:¥6,500+[税]

  2. アーカムホラー 第3版 完全日本語版

    プレイ人数:1〜6人 プレイ時間:120~180分 難易度:★★★☆☆ 本体価格:¥7,800+[税]

  3. 白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~

    価格:¥2,000+[税] プレイ人数:1~5人 プレイ時間:45分 対象年齢:10歳から

  4. 緑の幽霊屋敷 完全日本語版

    プレイ人数:2〜5人 プレイ時間:15分 難易度:★★☆☆☆ 本体価格:¥1,800+[税]

  5. 東方ボムレター -届け弾幕!-

    価格:¥2,200+[税] 対象年齢:10歳以上 プレイ人数:2~5人 プレイ時間:約5〜20分 難易度:★☆☆☆☆

  6. セレスティア 完全日本語版

    プレイ人数:2〜6人 プレイ時間:30分 難易度:★★☆☆☆ 本体価格:¥3,800+[税]

ページ上部へ戻る