クィーンズ~ハチなるか、ハチならざるか、それが問題だ~ 完全日本語版

メーカー:Mandoo Games
ゲームデザイン:Bruno Cathala & Johannes Goupy
原題:Queenz: To bee or not to bee

ゲームを楽しむために複雑な手順は必要なく、 ゲームが進むにつれて自分の手元にカラフルな庭園が広がっていく様子も魅力的!色とりどりの蘭の花をパズルのように並べていく、見た目にも楽しく何度も繰り返し遊びたくなるボードゲームが登場です。

あなたは名高い養蜂家。競い合う同業者たちより多くの栄誉と名声を得るために、蘭の花で満たされ、ミツバチたちの集う素晴らしい庭園を築き上げましょう。

このゲームでは、プレイヤーは、ゲーム盤の上を動いていく庭師コマを通じて、様々な色の蘭の花を受け取っていくこととなります。そして手元に十分な蘭の花がそろったら、集めた蘭の花で満たし養蜂箱を配置した庭園タイルを並べて、自分の養蜂場を造り上げていくのです。養蜂家として高い評価を得るためには、庭園タイルの上で同じ色の蘭の花が隣り合って並ぶようにするとともに、庭園全体では様々な色の蘭の花も取り揃えていく必要があります。ゲームの終了時には、あなたの庭園にミツバチがどれほど集まっているかも重要な要素となるでしょう。

ゲーム盤上を動き回る庭師から何色の蘭の花を獲得するのか、どのような形の庭園タイルを繋げていくのか…もちろん、競い合う他のプレイヤーの動向にも常に気を配りながら、自分だけの最高の庭園を造り上げて、この国一番の養蜂家を目指しましょう!

●「クィーンズ~ハチなるか、ハチならざるか、それが問題だ~ 完全日本語版」商品概要
価格:¥4,500+[税]
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
対象年齢:8歳以上
難易度:★★☆☆☆

●コンポーネント・ゲーム盤:1枚
・勝利店ボード:1枚
・プレイヤーボード:4枚
・蘭トークン:125枚
・黒い蘭トークン:3枚
・庭園タイル:24枚
・ハチミツ樽トークン:20個
・庭師コマ:1個
・養蜂箱コマ:12個
・5色ボーナストークン:4枚
・勝利店トークン:4枚
・『クィーンズ』プロモトークン:4枚
・ルール説明書:1冊

【2020年2月6日発売予定】

関連商品

  1. マンション・オブ・マッドネス 第2版 完全日本語版

    プレイ人数:1〜5人 プレイ時間:120~180分 難易度:★★★★☆ 本体価格:¥13,500+[税]

  2. サイズ – 大鎌戦役 – 完全日本語版

    プレイ人数:1〜5人 プレイ時間:115分 難易度:★★★★★ 本体価格:¥10,500

  3. 赤ずきんは眠らない

    プレイ人数:3〜6人 プレイ時間:20分 難易度:★☆☆☆☆ 本体価格:¥2,000

  4. プレヒストリー ~先史文明のいしずえ~ 完全日本語版

    プレイ人数:2~4人 プレイ時間:60分~120分 対象年齢:12歳以上 難易度:★★★☆☆ 価格:¥10,000+[税]

  5. ブラックアウト香港 完全日本語版

    プレイ人数:1~4人 プレイ時間:75~150分 対象年齢:14歳以上 難易度:★★★☆☆ 価格:¥6,400+[税]

  6. スペクター・オプス:破られし誓約 完全日本語版

    プレイ人数:2〜5人 プレイ時間:60~120分 難易度:★★★☆☆ 本体価格:¥6,500+[税]

ページ上部へ戻る